【おすすめ記事】 介護職の処遇改善
する人もされる人も安心できる介護へ

介護に関わる全ての人を支援するための取り組み

誰もが安心できる介護のために

ひとことに「介護」と言っても、そこには多くの人が関わっています。誰もが安心できる介護環境を整えるためには、多角的な視点を持って取り組んでいく必要があるのです。介護を必要としている人に対してこれまで以上に最適な支援を行うことはもちろん、その家族や、介護サービスの担い手にとっても安心できる体制作りが各方面で行われています。政府もさまざまな改善を行っていますが、これからの日本において注目するべきは「地域の力」のようです。

誰もが安心できる介護のために
  • 介護サービスはこれまでに、さまざまな改善がなされてきました。しかし、在宅介護などで負担がかかっている家族への支援という視点は十分でなかったと言えるでしょう。介護する人もされる人も安心できる介護環境を整えるために、家族をまるごと支えられるような仕組みが必要です。例えば同じく在宅介護を行っている人と意見交流ができるような場所を用意したり、一時的に介護の手を休められるようなサービスがあれば、介護する側の家族の健康や人生を守ることができるはずです。

    家族支援のための取り組み
  • 厚生労働省の調査によると、2025年には介護職の数が圧倒的に足りなくなると予想されており、現在においても介護職の人材不足が叫ばれています。その原因は1つではありませんが、この状況をなんとか打破し、介護職にとって働きやすい環境を整備しようと政府はさまざまな取り組みを行っています。その1つが、新しく介護業界に飛び込む際のハードルを下げることで、入職前に基礎知識を学べる場が創設されました。また、既に介護職として働いている人の労働環境や給与の改善も行われています。

    介護職の処遇改善
  • 高齢化が進むこれからの日本においては、地域での役割が重要になってきます。住み慣れた地域で適切な介護サービスを受けられるように、都道府県や市区町村がそれぞれの特性を活かしながら整備を進めています。介護を必要としている人への居住型や訪問型などのサービスはもちろん、その家族への支援についても注目され始めています。しかしまだ地域差があり、ノウハウの共有が急がれています。ここでは既に行われている、地域密着型サービスの内容について紹介します。

    地域での支え
  • ここまで、する人もされる人も安心できる介護のための取り組みについて紹介してきましたが、これは机上の空論ではなく既に実施されているものです。ぜひ知っておきたい介護施設での取り組み例を見てみましょう。さまざまなしくみを利用して、介護サービスの利用者だけでなくその家族や、サービスを提供する側である介護職へのサポート体制が整えられつつあることがわかるはずです。ここで取り上げているのはほんの一例ですが、これから各地で効果的な取り組みが行われると期待できます。

    介護施設での取り組み例
誰もが安心できる介護サービスをご紹介

介護サービスの利用者だけでなく、その家族や介護職も安心して介護に携わっていくための工夫や実際の取り組み例を紹介しています。介護職を志している人に、ぜひ参考にしてもらいたい内容です。お問い合わせはこちらの宛て先までお願いいたします。