【おすすめ記事】 介護施設での取り組み例
する人もされる人も安心できる介護へ

安心できる介護のために介護職ができること

介護職として何ができるか

これからの日本において、介護職は今まで以上になくてはならない存在です。既に介護職に就いている人はもちろん、これから介護業界を志す人は、今一度その仕事の在り方について考えてみてはいかがでしょうか。以前とは違う新しい役割に気が付いたり、自分の心の持ち方について工夫してみるきっかけになるかもしれません。ますますニーズの高まる介護職ですが、自分の心身も大切にしながら安心して仕事を続けられるよう、転職エージェントを利用してもっと自分に合った職場を見つけてみるのもおすすめです。

介護職として何ができるか
  • 介護職としてこれからの介護に携わっていくことを考えるなら、まずはその基本姿勢から改めて見直してみましょう。多種多様なスキルが必要とされる仕事ですが、ベースとなるのは人間力です。いくら知識や技術を持っていても、それを活かせる基盤が整っていなければ利用者それぞれにとって適切な支援を行うことは難しいでしょう。介護の仕事はチームワークが重要なので、普段から自分の人間としての魅力について考え高めていくことで、利用者のみならず一緒に働く仲間も安心できる介護環境を作り上げていきましょう。

    適切な支援のために
  • 知識や技術だけでは、利用者それぞれに応じた適切な支援を行うことはできません。介護は、目的意識を持ち、確固たる理念を掲げて携わるべき仕事です。現在介護職のニーズは高く、求人も多数見つけることができます。しかしその中で、一緒に働く仲間が共に目的達成を目指して高め合えるような職場を見つけることは、自分1人の力ではなかなか難しいことです。せっかくの志を無駄にしないためにも、転職エージェントの利用をおすすめします。

    理念を持って働こう
  • 心身共に負担が少なくない介護の仕事をしていくには、自分自身を大切にするという意識も必要です。奉仕の精神を持った介護職は立派ですが、それゆえに利用者の気持ちを優先するため自分の感情にはふたをしてしまうということが珍しくありません。そういった状態が続くと、気付かないうちに心が病んでしまう場合もあります。する人もされる人も安心できる介護は、利用者だけでなく介護職の心も大切にしてこそ実現できるもののはずです。

    自分の心も大切に
  • 地域単位での介護について注目が集まる近年ですが、それぞれの介護施設においても新たな動きが始まっています。以前の介護施設はあくまで高齢者に介護を提供するだけのものでしたが、地域の子どもたちや普段の生活で不自由を感じている人に対して、施設の特性を活かしたさまざまな形での支援も行われるようになってきました。ただ「介護」することだけがゴールなのではなく、地域全体を安心できる場所にするという役割を担うようになったのです。

    心穏やかに過ごせる場所へ
誰もが安心できる介護サービスをご紹介

介護サービスの利用者だけでなく、その家族や介護職も安心して介護に携わっていくための工夫や実際の取り組み例を紹介しています。介護職を志している人に、ぜひ参考にしてもらいたい内容です。お問い合わせはこちらの宛て先までお願いいたします。